すきによんでねブログ

たかはしりおこが140字に収まらないことを書くブログ

黙祷

2001年6月。黙祷をした一番古い記憶。あなたは「附属池田小事件」を覚えているだろうか。小学生が何人も犠牲になった。あの事件が起きたとき、わたしも小学生だった。

当時事件について詳しくわかっていたわけではないし、今でも詳しく覚えているわけではない。ただ、全校集会で黙祷をしたことをよく覚えている。

最近は悲しく、そして怒りが込み上げてくるようなニュースが多い。大きな自動車事故が連日のように報道されて、見るのもつらかった。そして今日、朝からずっとある事件が報道されている。目を背けたくなるような事件。でも、誰にでも起きうる恐ろしい出来事だと

5月28日、川崎殺傷事件のニュースに目を覆いたくなりながらここまで書いて、うまく言葉にできなくなって、下書きに保存していた。今日、附属池田小事件から18年だとニュースで見て、途中まででもいいから出しておこうと思った。

感情がぐちゃぐちゃになる。思うことはたくさんあるし、言いたいこともたくさんある。言いづらいことも正直ある。とにかくいろんなことを考える。

でもはっきりと思う。交通事故も、殺傷事件も、虐待も、いじめも、痴漢も、悲しい気持ちになるすべての出来事がなくなればいい。誰もが誰にもおびえずに生きていけるような世界に、国に、なりますように。